インターネットで発信

インターネットでできる

トップ / インターネットでできる

インターネット環境の情報

インターネットの発達の歴史

インターネットは元々アメリカの3つの大学が24時間つながっているネットワークを構築したことから始まりました。このネットワークの構築を指揮していたのがアメリカ国防総省高等研究計画局(ARPA)で、その名前にちなんでARPAネットと呼ばれていました。1970年代、ARPAネットに様々な大学や研究所が参加し、そのネットワークはどんどん広がっていきました。インターネットの歴史は、この学術目的のネットワークが基板になっています。その後1980年代、商用目的のネットワークが形成され、1993年、ネットワーク上のページを閲覧できるソフト、Mozaicが開発されネット人口が爆発的に広がっていきました。

調べるツールから交流の歴史へ

インターネットの歴史は昔は主に何かを調べるツールとしてとても重宝していました。ウェブサイトがとても今よりも重要でした。しかし、徐々に情報に触れるだけでなく、こちらから情報を発信する風に変わってきました。ウェブサイトを作ることが出来たり、ブログなど代表的というところでしょうか。更にSNSの登場で個人間のコミュニケーションも更に親密になることが出来たり、動画を投稿することもできます。このようにインターネットはユーザー同士の交流及び自分自身を発表する場所へとなっています。更にはアプリの登場で更に使いやすくなっています。

© Copyright インターネットを楽しもう. All rights reserved.